トイレの仕組みについて

水漏れの原因

水漏れの原因は、トイレの仕組みを知ることが大切

便器からチョロチョロと水漏れする原因ですが、タンク付きのトイレの場合、タンク内の部品の劣化及び故障となります。トイレのタンク内の3つの部品のどれかになりますので部品の解説をしてます。

ボールタップ
タンク内への給水の役割をしています。ボールタップには浮き玉がついており、水位が減って浮き玉が下がると給水がはじまり、一定のところまで浮き玉が上りきると止水される仕組みになっています。
ゴムフロート
タンクの底についており、タンクから便器へ水が流れる穴の蓋です。要するにパッキンの役割をしています。ゴムフロート はレバーと鎖でつながれており、レバーをひねるとゴムフロートが浮き上がり便器へ水が流れていきます。
フロート弁
タンクの中心部分にある筒状のパイプのようなものです。万が一の不具合でタンク内への給水が止まらなくなった場合、タンクに水がたまりすぎて外へ溢れ出てしまいます。そんなことになっては大変なので、便器内へ水を逃す道として設置されています。なので便器とつながっているわけです。

タンク内には、ゴム類が多く使用されております。定期的に交換が必要になる部品です。ゴムフロートなどパッキンの役目をしていて重要な部品のひとつです。