蜂を誰か駆除しれくれませんか?

蜂と戦ったけど駆除業者を誰か知りませんか?

誰かが今年の夏は冷夏って言ってたのに!!ってことでマジ暑いっすね。
ホワイトアスパラばりに日陰で仕事している水道屋です。さて、そんな直射日光とは無縁のわたくしですが、先月からちょくちょく農園でお手伝いをしています。直近では6/25に行ったのですが、もうほんと半端なく暑く、一緒に作業した面々も熱中症一歩手前状態でした。実はその数日前にも農園で作業をしていたのですが、梅雨明け翌日くらいでシネルほど暑くホント大変でした。
ほんと大変な一日でしたが、実はそれらの作業に入って30分たったころにとある事件が・・・作業準備をしていたら背中に違和感があり、最初何かトゲが刺さったような痛みだったのですが0.1秒後に激痛に!
「ヤバイ 蜂に刺されたか!?」
速攻背中をはらったのですが、痛みの原因はわからず その後鈍い痛みとともに仕事をしたのですが、出鼻をくじかれるような出来事でした。 帰って患部を確認すると赤く腫れ水ぶくれができていたのですが、おかげさまで今は大丈夫です。

蜂の駆除業者紹介
京都のハチの巣駆除
奈良市の蜂の巣駆除業者
和歌山市の蜂の駆除業者
調べたらたくさんありましたので追加!
これで蜂の被害が減るかも?
大津市の蜂の駆除をする業者
もっとあった!
神戸市の蜂の巣や蜂を駆除
大阪市で蜂を駆除する業者

さて、そんなタブン蜂の被害にあったわたくしですが、今後農園作業や、プライベートで野山に出かけられる方々の安全の一助にと、「ハチに刺されないためにはどうしたら良いのか!?」を調べてみました。


蜂に刺されたら
蜂は、餌をとるためではなく外敵を攻撃するのに毒針を使用します。蜂に2度3度繰り返し刺されると、蜂毒に対応する抗体ができ、蜂毒によるアナフィラキシ―ショックを起こします。アナフィラキシ―を疑う所見があるかどうかを見逃さないことが大切です。

1) 蜂に刺されたらその場から数十メートル離れること。
蜂の巣が近くにある可能性があるときは速やかにその場から離れることで身の安全を確保し多くの蜂からの攻撃を避けます。
2) 刺された傷口綺麗なを流水でよく洗い流して蜂の毒液を絞り出すようにします。
蜂毒は水に溶けやすいので綺麗な流水にさらすと毒を薄める効果が期待あり大切な事です。 「毒液を口で吸いだす」のは、口の中に傷があると傷口から体内に毒液が混入しやすくかなり危険となります。
3) 蜂の針が残っている場合は、毒液を再注入しないようにそっと抜きます。
刺されたところに蜂の針が残されていると蜂の針の根元に毒嚢があって、体内に毒が入ってしまうので、できるだけ早く抜くことが望ましいのですがつまむと毒液を注入してしまうことになるので、毛抜きで抜くか、指などで弾き飛ばす(横に払って落とす)ようにします。
4) 局所の疼痛に関しては、水か氷で冷やします。
5) 以上の処置を施しながら、アナフィラキシ―症状の出現の有無を注意深く観察する。
アナフィラキシ―症状は刺された直後(早いときは数分)から1時間以内に何らかの症状がでてきます。速やかに医療機関を受診して下さい。(救急搬送も考慮必要です)
6) 過去に蜂に刺された既往があり、アナフィラキシ―対応時のエピペン処方受けている場合は指示に従い、
エピペンを速やかに使用してください。
蜂に対してのエピペン処方について、一度蜂に刺されたからといってその次に必ずひどい症状になると決まってはいない。蜂毒に対する抗体(IgERAST)の有無を確認してから処方することが望ましい。ミツバチ、スズメバチ、アシナガバチの特異的IgEを検査することができます。
7) アナフィラキシ―症状がでて救急車到着を待つまでは仰向けに寝かせ、足を持ち上げる。
重症時はできるだけ移動させない。特に背負うなど頭を高くした状態での移動は避ける。